2016年04月20日

田中投手(創価大)は宮下投手(元中日)ですね。スポーツ整体 Ken-整体研究所 






好き勝手に動作分析のコーナーです。
本当に好き勝手(=主観入りまくり)なので、ご勘弁ください。



週末に読んだ「Number」。そこで知ることになった(=前から名前は
しっておりましたが)創価大の田中投手。

Max155㌔の右腕。ほんとうに最近は、150㌔が当たり前になってきて
います。驚きの進化です。

陸上やマラソンなんかの記録は何十年もあまり変化が無いように感じますが、
中学~高校~大学投手の球速ときたら・・・。中学生で146㌔って・・・。(=岐阜
、根尾投手のことです)↓↓



田中投手の動画です。角度、ありますね~。こんなボール投げられたら、プロもお手上げです!!



ところで私は大抵、その投手の投球動作を見ると、いにしえの投手が思い浮かぶのです。
今回、田中投手を見た際に頭に浮かんで来たのはこの投手↓↓



①軸足がしっかりと伸びた高い位置エネルギーを蓄えた「ワインドアップ」

②ゆったりとマウンドの上を歩くような体重移動

③フォロースルーで「内旋動作」のよく効いた投手に起こるボールの角度、伸び

って、似てないかな?どうでしょう。


そういえばこの球筋、創価大の先輩である、小川投手(ヤ)に付けられた

称号、「ライアン」のものともダブる感じ。



間違いなく、将来は「メジャー」に行くでしょう。

今日は好き勝手に動作分析でした。主観がかなり入ってますのであしからず。


本日も、最後まで読んでいただきましてありがとうございました。


posted by けんいち at 11:11| Comment(0) | 好き勝手?!に動作分析 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。