2013年03月29日

偏った運動の影響についての自論文。 名古屋の整体 Ken−整体研究所



今年度も多くの歪みを持った成長期の子供を診てきましたが、種目の比較でいうとやはり
野球が多いようです。(もちろん、野球人口自体が多いこともあります。)


これは以前にも書いたのですが、そろそろ野球に携わる方は共通認識をもっておいた
方が良いかも。それくらい重要です。


端的に言いまして、背骨というのは捻った方と逆に傾いて歪んでしまいます。
例えば、右打ちのバッターは練習でひたすら体を左に捻じる運動を続けてしまうとい
うことですよね。


その結果、背骨は右に傾いてくることになります。このことは、人間であれば誰でも
同じように出てくる現象です。


もちろん「身体適応」としての機能がありますから、筋肉のつき方が左右で多少違ってく
ることは当り前のこと。(例えば、アーチェリー競技者などは弓を引く側の腕が太い)


しかし、骨格まで影響がいくとパフォーマンスに大きな悪影響が出ます。
分かり易い影響として、右バッターであれば体が右へ傾く変位が出始めると、打撃時、左側へ
の体重移動ができません。何となく左足に重心が載り切らず、身体の開きが非常に早くなって
くる感じです(=インパクトで力が入らないような感覚)。


この関連研究を約7年前に行いました↓↓↓ (群馬での全国PT学会にて発表) 
成長期論文 木戸.JPG


こういった感覚で気になることがあれば、ご相談など頂ければ。
メール(info@kido-medi.com)でも良いので、お気軽にお問い合わせください。


「健康、健全、研究心」

スポーツ整体  Ken−整体研究所

052−332−4171(御予約ダイヤル)


ホームページはこちらです→Ken-整体研究所/腰痛・股関節快福クラブ



ぎっくり腰回復ブログはこちら→ ギックリ腰、慢性腰痛回復ブログ


ひざや股関節の痛みブログはこちら→ 股関節から改善する膝の痛み
院長  木戸健一郎  理学療法士  整体師
御相談ダイヤル   052-332-4171

*病院で検査しても痛みの原因が分からない!!でも、十分に痛い!!
長い間からだの不快感が取れない!!何かがおかしい!!
という方、一度ご相談ください。

*各種養生法や予防法の効果は、方法(やり方)や回数
により違ってきます。必ず自己責任でお願い致します。

<完全予約制>おかげさまで大変込み合っております。

住 所:名古屋市中区富士見町13−19 八木ビル3F  木戸鍼灸院内
<名城線東別院1番出口を出て左へ→サンクス駐車場を横切り→そのまま北へ約3分>


<窓にピンク文字で「はり 整体」と書いてあります。>
<八木ビル入り口に「木戸鍼灸院」の看板があります。>

ビル裏駐車場あり(コインパーキング)

受付時間:午前9:00〜12:00 午後16:00〜19:00
日・祝休(研修及び講師活動で、急なお休みをいただくことが稀にございます。
必ず予約されてからお越しください。)
施術料初回:5000円 初見料1000円 合計6000円(税込)
2回目以降:5000円のみ(税込)

適応症の一例
腰痛、ぎっくり腰、椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、股関節痛、股関節の違和感、
膝の痛み、膝の違和感、慢性疲労、ムチ打ち、顎関節症、頭痛、オスグット、
野球肘、スポーツ傷害、テニス肘、ゴルフ肘、腱鞘炎、四十肩・五十肩、
生理彎曲調整、骨盤調整ほか


*施術は必ず国家資格を有する者が行います。
(理学療法士・鍼灸師)
良くなりたい方は今すぐ 
  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
 電話:052−332−4171 
ビル裏駐車場あり(コインパーキング)
名古屋市中区、中村区、北区、港区、東区、昭和区、熱田区、名東区、守山区、
天白区、尾張旭市からも皆さん来院されています。
元気になったら何をしたいですか?
一緒に元気を取り戻しましょう!



*各種養生法や予防法の効果はやり方により、違ってきます。
必ず自己責任でお願い致します





posted by けんいち at 20:15| Comment(0) | スポーツ生理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月12日

野球ひじの患者さん 子供を守る知識 スポーツ好き院長のいる整体 Ken-整体研究所




こんにちは。
今日は症例報告です。


先週の土曜日に昭和区から来られた○藤君。14歳、中学生。
中学では軟式野球部に所属。投手。野球暦5年。


3ヶ月前より右ひじ内側に痛み出現。投球時のみ痛い状態。
普段はまったく痛まない。



通常練習として、一日80球程度の投球練習を週に4回程度。
この数は少しばかり多いですね。中学生の投球数目安として、
70球×3回(週)というのがあるからです。



加えて14歳という年齢。まさに成長期にさしかかっています。
聞けば、この一年で12センチくらい身長が伸びたそう。



直近一年間で、10センチ以上身長が伸びている子は強い運動が
得意な時期ではないと判断してください。


要は、からだがまだまだ完全に骨になりきってないのです。



この時期は軟骨から骨になる成熟過程にあり、この時期の強い筋
運動は軟骨を引き剥がすのです。
慎吾肘7月.jpg
これは以前来られた患者さんのものですが、肘内側の軟骨が分離した
状態であることがわかります。


これを「骨端線離開」といい、俗に「リトルリーグ肘」と言われます。


要因となる一つを説明します。
下の写真、わかるでしょうか?うつぶせになり、片手ずつ挙げている
のですが、右手は挙がりが悪く、左手の方がよく挙がっている。この
子は右利きなのに、右の方が挙がっていないのです。



投げ過ぎの子はこういう現象がおきていることが多いです。これは
の筋
に弱りが出ている兆候であり、こういった状態であると、投げる
ときに肘が下がってきて、障害に繋がり易くなるのです。



20091214_1398049.jpg
右は挙がりが悪い。



20091214_1398048.jpg→左は挙がっています。



こういった場合は、身体のバランスを整えつつ、肩の筋を
刺激するような働きかけをし↓↓↓、
$〜膝の痛み飛んでいけ!!〜膝・股関節回復ブログ   Ken整体研究所/自己療法&施術日誌   
うつぶせで両手を天井に上げる動き。スーパーマンのような動きで背中の筋肉が
刺激されます。


もちろん引き剥がれかけている軟骨が平らに戻るまで休息するしかない。
しっかり休めば(投球させない管理)大抵、3週間くらいで回復します。



一応、投球の目安を書いておきます。(全力投球の数です)

小学生  50球 × 3日 / 週

中学生  70球 × 3日 / 週

高校生  100球 × 4日 / 週

文献により多少の相違はありますが、大抵こんな感じです。


○藤君もちょうど3週で痛みがほぼ解消し、軽いキャッチボールを
開始できました。以前よりもボールが軽く感じ、球筋(回転)が
よくなったそうです。
kido120.BMP


この疾患は甘く見ると、軟骨が完全に剥がれ、最悪の場合は手術に
いたることもありますから注意が必要です。



目の前の勝負よりも、子供の未来を守るという指導者の義務感

も必要です。


今日は、ゆがみとは別の話で、子供の成長期における知識でした。


しつこい腰痛、股関節痛、ひざの痛みのことなら・・・

ホームページはこちらです→Ken-整体研究所/腰痛・股関節快福クラブ




ぎっくり腰回復ブログはこちら→。ギックリ腰、慢性腰痛回復ブログ




院長  木戸健一郎  理学療法士  整体師
御相談ダイヤル   052-332-4171

*病院で検査しても痛みの原因が分からない!!でも、十分に痛い!!
長い間からだの不快感が取れない!!何かがおかしい!!
という方、一度ご相談ください。

*各種養生法や予防法の効果は、方法(やり方)や回数
により違ってきます。必ず自己責任でお願い致します。

<完全予約制>おかげさまで大変込み合っております。

住 所:名古屋市中区富士見町13−19 八木ビル3F  木戸鍼灸院内
<名城線東別院1番出口を出て左へ→サンクス駐車場を横切り→そのまま北へ約3分>

<和食居酒屋『酒肴や こんどる』の隣ビル、1Fに隠れ家酒房 祥>
<窓にピンク文字で「はり 整体」と書いてあります。>
<八木ビル入り口に「木戸鍼灸院」の看板があります。>

ビル裏駐車場あり(コインパーキング)

受付時間:午前9:00〜12:00 午後16:00〜19:00
日・祝休(研修及び講師活動で、急なお休みをいただくことが稀にございます。
必ず予約されてからお越しください。)
施術料初回:5000円 初見料1000円 合計6000円(税込)
2回目以降:5000円のみ(税込)

適応症の一例
腰痛、ぎっくり腰、椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、股関節痛、股関節の違和感、
膝の痛み、膝の違和感、慢性疲労、ムチ打ち、顎関節症、頭痛、オスグット、
野球肘、スポーツ傷害、テニス肘、ゴルフ肘、腱鞘炎、四十肩・五十肩、
生理彎曲調整、骨盤調整ほか


*施術は必ず国家資格を有する者が行います。
(理学療法士・鍼灸師)
良くなりたい方は今すぐ 
  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
 電話:052−332−4171 
ビル裏駐車場あり(コインパーキング)
名古屋市中区、中村区、北区、港区、東区、昭和区、熱田区、名東区、守山区、
天白区、尾張旭市からも皆さん来院されています。
元気になったら何をしたいですか?
一緒に元気を取り戻しましょう!

*各種養生法や予防法の効果はやり方により、違ってきます。
必ず自己責任でお願い致します




posted by けんいち at 11:07| Comment(0) | スポーツ生理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。